未来への出発までのひと時


by for_funekun
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2008年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

今日は一日中上野にいて、国立科学博物館に行ってきた。
およそ20年ぶり。

幼少の頃、毎月のように連れて行ってもらっていた。
あの頃好きだったものは切手、宇宙、恐竜、化石。
親もよくもあれだけ連れて行ってくれたものだ。

建物の外見はそんなに変わってないように見えたが
中身は大きく変わっていた。
昔よりもだいぶ整理されている。
内容も相変わらず充実していて、相変わらず男の子に大人気。

ホッとした。
こういう博物館が残ってくれていて。

自分の子供の代にも是非伝えたい。
そんな素敵な博物館だった。
[PR]
by for_funekun | 2008-03-24 01:17 | break

初の関西出張

4月から体制変更で関西のお客様を担当することになった。
今日はその挨拶のため、関西に出張した。
片道5時間。部長、課長と私。

前任者が優秀であった分、プレッシャーを感じたが、
僕への期待を直接伝えてもらってよかった。

今度のお客様は相当手ごわいことで有名だったから
どうしてもイメージばかり専攻して
体制変更する前から臆病になりつつあったけど
これで落ち着いて頑張っていけると思う。

やっぱり体制変更でお客様の担当が変わる場合には
直接挨拶に行ったほうがいい。
覚悟もできるし、この人のために頑張ろうと思う。
そういうものだ。
[PR]
by for_funekun | 2008-03-18 23:25 | personal
今日は年休を取って、ジョギングに出掛け、本を読んだ。
最近、本を大量に購入したせいか、本を読むスピードを上げている。

今回、読んだ本も220ページだけど、1時間半くらいかな。

気になったことは、企画書でもなんでもそうだけど、
文章のタイトル付けが僕は下手だということ。
そして、文章も長くて、下手。

タイトル付けは雑誌とか広告などを見るようにし、センスを磨くしかない。

あとはパクることを推奨していた。
企画の多くは発想はいいんだけどひねりが足りないものが多いらしい。
いい発想をパクって自分なりにひねることから始めるのがいいとのこと。

最後に企画書の作成5ポイントを書いておく。

①キャッチーなタイトル

②企画書に書くべきこととしては、
現状の問題点、原因、その結果起きていること、
対応の方向性、その根拠、具体的な解決策。

③権威ある機関のデータを利用する。

④相手にあった見せ方をする。

⑤完璧さや押し付けがましさはタブー

毎日1企画してみようかしら。
[PR]
by for_funekun | 2008-03-13 23:04 | book

次の25年に向けて

今週末は予定を入れなかった。
というか自分のために時間を使おうと思った。

なんか最近、やたらと体が心配。
体重の急増や、皮膚病、虫歯などなどがこの一年で急に表れた。
もう一度、自分の体のためにも基本的な生活を見直さないとと思う。

世の中の流れがどんどん効率重視になっていく中で
自分の体に負担を強いていく。
若いうちはそれができたけど、おそらくもうそんなに若くないということだろう。

だからいろいろ見直さないと。
次の25年を無事に過ごすために生活を変えていく。
おそらく本当に大切なことだろうと思う。
[PR]
by for_funekun | 2008-03-10 01:12 | break

顧客満足度

今はまさに決算期。
うちのプロジェクトでも今までバラバラに散らばっていたお金の情報が集約されてくる。

集約された結果を見てみると僕がこれまで頑張ってきた仕事というのが
あまりにもお金に繋がっていないことに驚く。
もちろんお金に繋がっていない分、顧客満足度には繋がっていると思う。
でもそれは僕が頑張ったから顧客満足に繋がったのではなく、
お金がかからなかったから満足に繋がったのだ。

目指すべき顧客満足というのは
提供したサービスに対して
満足していただいた上でお金も支払ってもらうことだろうと思う。

少しずつ来期の目標が見えてきた。
[PR]
by for_funekun | 2008-03-05 00:56 | business