未来への出発までのひと時


by for_funekun
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

今年の目標は
①「納期」と「コスト」の厳守
②「視野の狭さ」を克服するためにたくさんの人と会って話す
③感謝の気持ちをわすれずに「人のために生きる」
です。

現状は
①それなりにできていますが満足はしていません。(80%)
②毎週末に予定を入れるようにしていることで
 たくさんの人と話す機会を増やすことができています。(95%)
 また、話すネタもそれなりに増えるため良い方向に進んでいると思います。
③これがなかなか難しいですね。
 一人では生きていけないとわかっていても
 ついつい疎かにしてしまう感謝の気持ち。
 慢心を戒める良い機会になりました。(10%)

毎日の積み重ねが後になって返ってくるものです。
今年の目標を常に意識して自分をコントロールしていかなければならないなと思います。
[PR]
by for_funekun | 2006-01-30 00:09 | goal
今日は何の予定も入れてない本当の意味でのオフでした。
ひと月に一回はこんな日が欲しいですね。
特に何をするわけでもなく、ボーっと自分を見つめなおしたり、昼寝をしたりしていました。

テレビを見ていてちょっと幸せになるCMがあったのでご紹介します。
セキスイハイムのCMで
阿部寛さんと原沙知絵さんが出演されている「となりのハイムさん」。
中でも原沙知絵さんがとても素敵で、見ていると幸せな気分になれますよ。
[PR]
by for_funekun | 2006-01-28 21:04 | break

舞子後楽園@新潟

金曜日の業後から土曜日にかけて職場のメンバー11名でボードに行ってきた。
普段交流の少ない同じプロジェクトの別チームメンバーとも盛り上がれるのが良い。

当日は天気も良く、初心者に教えながらのマッタリとしたボード。
「ケガをしないことが一番大切」といつも思っているので
無理せず、常に楽しむことだけを考えて滑っていた。

大きなプロジェクトになると別チームメンバーと一緒に
仕事をしたり、飲んだりという機会は少ない。
とても良い時間を過ごせたと思う。
[PR]
by for_funekun | 2006-01-23 00:09 | break
1月13日日経から

今年6月にも株式売買1500万件可能に

                        ◇
東証は株式相場の活況に対応し、売買システムの能力を大幅に増強する。
6月をめどに1日あたりの処理件数を現在の900万件から1500万件へと約7割増やす。
システムの負荷が重く、不透明との批判も多い
株式注文の訂正・取り消しについての監視も強める。
2008年3月までに四百億円超を投じて処理能力がさらに高い次世代システムを構築し、
安定した取引インフラ作りを進める。

<システム処理能力増強の理由>
東証の売買高が過去最高に膨らむなか、件数は売買高をさらに上回る勢いで伸び、
昨年12月には1日あたり約540万件と一年前の二倍強に達した。
●外的要因
 ①個人投資家によるインターネットでの小口取引の増加
 ②外国人投資家による多数の銘柄を組み合わせた注文の増加
●内的要因
 ①東証は段階的にシステム増強に取り組み、1/10には750万件から900万件への
  引き上げを実施し、900万件で打ち止めにする計画だったが、
  1月には約600万件に達し、急遽増強。
 ②1500万件は現在のシステムが対応できる上限。
 
<システム処理能力増強以外の対応>
  売買審査部が日々の取引チェックをし、意図的な注文取消しと見られる動きなどを
  発見した場合は証券会社に注文を受付けないよう注意を促す方針。
  悪質なケースの場合、証券取引等監視委員会とも連携して
  同委員会による摘発も検討。
                         ◇

東証では2005年策定の2007年までの中期経営計画にて
234億円のIT投資を見込んでいたが記事の要因などによりシステム投資が増大する。
東証は会社としての役割上、安定的な市場インフラを求められる以上、
今回のシステム投資の増大は仕方ないことだが
他の一般企業にしてもシステム投資は増大すると思う。

おそらく、システム会社に求められるのは「信頼性」。

日本企業は過去最高益を更新し続けている。
しかし、一方では利益を追求しすぎたがゆえに
企業としての信頼性を失うような事件も相次いだ。

多くの企業ではリストラの一環として社員の採用を減らした。
そのような厳しい環境の中で採用された社員には
少しでも早く一人前になることが求められ、
企業理念や社会のルールも身につけずに活躍していることも少なくないと考えている。

企業としては利益を追求していくのではなく、
信頼性回復のための手を打つ必要があるのではないだろうか。

システム会社としてもお客様との関わりがある全ての工程において
信頼性を具体的にお見せできる仕組みが必要になるのではないだろうか。
そんな仕組みができればシステムを受注する際に競合他社と比較し、
有利になるのでは思った。
[PR]
by for_funekun | 2006-01-22 21:37 | Japan
1月9日日経から

ケータイ投資家膨らむ
株売買昨年6割増14兆円
                   ◇
昨年の個人投資家の売買代金は240兆円程度。
このうち170~180兆円がパソコンや携帯電話を使ったネット経由取引。
電話を含め、人が取り次ぐ対面注文は60~70兆円。

<ケータイ投資家が増えている理由>
①いつでも売買できる利便性
②保有銘柄が登録した価格になると知らせてくれるサービスの普及
③手数料もネット取引とほぼ同額

<影響>
①ケータイ投資家が一段と広がり、個人投資家のすそ野が広がる。
②投資判断に十分な時間をかけず売買を繰り返す人間が増え、
 相場加熱に拍車をかける。

<その他>
携帯経由の取引が増えたことで取引所のシステム負担が増加。
これまで昼間は取引しにくかったサラリーマンからの注文が可能となったため。
                   ◇

このところ東証のシステムの脆弱性が指摘されているが
ケータイ投資家などのネットを武器に投資をする個人投資家が増えてくると
今の東証のシステムでは対応するのは難しい。
昨年から6割も増えた携帯での株売買。
今後も増えていくことが想定されることから
継続的なシステムの増強が必要になることだろう。

つい先週の取引では2日間で日経平均が一時的に1000円以上も下がる場面があった。
ライブドアショックと言われているが
原因は情報に狼狽している個人投資家だと僕は思っている。
手軽に取引できる便利さを十分に生かすためには
利用する側の知識の向上が必要である。
[PR]
by for_funekun | 2006-01-22 19:38 | Japan

初体験

土曜日は友達の家@市川で鍋パーティ。
鍋パーティにて同じ大学出身の先輩と初顔合わせ。
同じ大学出身だと打ち解けあうのが早い。
マニアックだけど面白い人だった。

20時から飲み始めたものの気がつけば4時。。。
8時頃まで寝てから一度自宅に戻り、11時から始まる歌舞伎を見に歌舞伎座に移動。

お弁当や解説書、説明用のイヤホンを購入し、準備万端で着席。
今回は一等席だったので次回は桟敷席に座ってみたいと思う。

内容は意外に面白いがそれ以上に梨園という閉ざされた環境で
作られている歌舞伎という文化に惹かれ、いろいろ調べたいなと思った。

今回は坂田藤十郎の襲名があったため
奥様である扇千景参議院議員長がいらした。
それと綿貫民輔衆議院議員も客としていらしていた。
歌舞伎と政治の世界って世襲とかあってちょっと似ていると思う。

その後、BARNEYS NEWYORKで買い物をして
びっくり寿司銀座店で寿司を頬張る。
その後P.C.Mで軽く飲んで解散。

歌舞伎を一緒に見に行ったゼミ友Fとは教養の話で盛り上がった。
頭の良さも大切だがそれ以上に大切なのは教養である。
教養は人の幅を広げていくもので、広がるとたくさんの人と知り合う機会が増える。
この機会を失わないためにも教養を身に付けるための自己投資が必要だと思った。
[PR]
by for_funekun | 2006-01-16 00:40 | life
1月4日日経から

①システム障害 開発会社も検査対象
 東証のシステム障害を受けて金融庁が証券市場の監視を強化するために
 次期通常国会への提出を目指す投資サービス法に証券会社が外部委託している
 システム会社への立ち入り検査が可能となるよう明記する方針だという。

これまで金融庁が直接システム開発会社に立ち入り検査をすることはなかった。
我々はお客様が金融庁からご指摘を受けた点について
指導を受けるという流れだったが、
今後は金融庁から直接指導を受けることがありえるということになるのだろう。

委託側と開発側とで責任が明確化され、
システム会社も金融庁への対応を迫られることになる。
となると金融庁に対応する専門の部署ができるということになるのか。
法務部の強化みたいな感じで。

②私がみるニッポンの力(ゴールドマン・サックス会長 H・ポールソン氏)
 日本の強み:チームワーク(個人的な野心を抑え、共同で顧客のために働く文化)
 日本の弱み:自己批判による自信回復への時間がかかりすぎること。
         (自分の弱みを見つめるのは良いことだが悪影響もある)
         女性の力への理解不足。
         生産的に社会へ取り込むことができれば経済成長が進むはず。

日本の強みについてはその通りだと思う。
弱みについてもその通りだが意外にも気がつかないことだった。
女性の力への理解不足については
出生率の低下を回避できる施策がある企業が中心となって、
女性の力をうまく引き出せる会社を作ることが
この先伸びるうえで必須条件となるのかもしれないと思った。
[PR]
by for_funekun | 2006-01-10 00:57 | Japan

ほのぼの連休

1/7は中学時代の同級生5人で新年会。
「Mが結婚する」という重大発表に始まってちょっとビックリした。
お腹には赤ちゃんもいるみたいで楽しみだ。

でも周りの人が結婚していくとちょっと複雑な気持ちになる。
喜ばしい反面自分はどうなんだろうと思ってしまう。
女性特有の反応なのかと思いきや僕にもその症状が少し出た。
そうそう。
お夜食で食べた美味しいラーメン屋(揚州商人)。
杏仁豆腐もかなり美味しいです。

そして1/8,9は茨城在住の父方の祖母と東京都在住の母方の祖母に新年の挨拶参り。
どちらの祖母も元気そうで良かった。
美味しい手料理をたくさんご馳走になり、また明日からの仕事の活力に変える。
[PR]
by for_funekun | 2006-01-09 23:26 | life

段取り

昨日は1月1日に三菱東京UFJ銀行が合併したことで一日中対応に追われていました。
対応自体はトラブルも無く、無事に完了したものの終始バタバタしてしまいました。

原因は段取りが上手にできていなかったためです。
昨年末にはこうなることが見えていたのだと思います。

やはり1月4日から頑張ろうとするためには昨年のうちに準備しておく必要がありました。
考えてみれば当然ですが甘かったですね。

これまでの失敗を振り返ってみると段取りが甘いことが多いです。
今年は『段取り』がキーワードになってくるような気がします。
何をするにしてもこの『段取り』というものに今一度深く踏み込む必要がありますね。
[PR]
by for_funekun | 2006-01-06 00:53 | business

新年の抱負

新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

年末年始は福島県の白河市にある温泉地で家族とすごしていました。
今年は休暇が短かったせいかあまり休んだ気がしませんでした。
もうひと休み欲しい気がしています。

そして明日から仕事だというのに何とも言えぬ不安があります。
2006年のスタートをうまく切れるかどうかが明日にかかっていると思うと
自然とプレッシャーがかかってきます。

なぜ不安なのでしょうか。

実は2006年を僕の一生の中で大事な一年にしたいと考えているからです。
気がつけば既に26歳です。
「社会に出たら何だってやってやる」そう思って社会に出て早くも4年が経ちました。
しかし、実際はいろいろと考えたりしているだけで「やった」ことは何一つありません。

なんとなくですが、もし今年何も結果が出せなければ、
このまま自分の思うことができずに、
流されて人生が終わってしまうのではないかなという怖さがあるのです。

そんな悪い予感を払拭するために今年を勝負の年にしたいと思っています。
もちろん今年も仕事を重視し、特に結果にこだわります。

①結果とは「品質」と「コスト」です。
 故障を出さずに納期を厳守することに徹底的に拘ります。

②さらにこれまで自分の力ではどうしようもないと思っていた
 「視野の狭さ」を克服したいと思っています。
 その原因は日々仕事に追われ、
 前向きなことに自分の時間が使えていないことだと思っています。
 もっと多くの人と会って、話して、自分の夢を描けるようになりたいです。

③そして最後に忘れてはならないのは「人のために生きる」ことです。
 常に感謝の気持ちを忘れずに一日一日を大事にしたいと思います。

2006年の年末に①②③について満足のいく結果を出せるよう今年も精一杯頑張ります。
[PR]
by for_funekun | 2006-01-03 22:21 | goal