未来への出発までのひと時


by for_funekun
カレンダー

<   2005年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧

そろそろ来年の目標を立てようと思う。
去年のブログを振り返ってみると適当な目標を立てているなと感じる。
立てた目標が本当に達成したいと思うような目標でないのだ。
多分、思いつきで立てた目標なんだろう。
今年こそは去年の失敗と、自分が本当にやりたいことを見つめなおし、
じっくり目標を立てたいと思う。
[PR]
by for_funekun | 2005-10-31 00:10 | goal
昨日は10月から始まったワーキンググループの発表会でした。
経営陣の前でグループの代表者が「経営への提言」を行うものです。

発表時間前に会場で待機するよう指示を受けていたのですが、
会場では別の議論が行われていました。
会社の経営計画の決定会議です。
社長を筆頭に常務、事業部長・・・子会社プロパー管理職までキーマンが勢ぞろい。

かなりピリピリしながらの進行です。
会社の経営方針はこういう感じで決まっているんだなと
雰囲気だけでしたが体感してきました。

出向先の会社の経営幹部は親会社からの出向、転籍がほとんどでしたが、
歴史も20年以上となり、子会社プロパー社員の管理職も増えてきています。
出向者、プロパー社員それぞれどのような思いで会社を運営しているのでしょうか。
なんとなく歪みがあるような気がします。

で、発表の方ですが、先輩が無事に報告し、滞りなく終わりました。
経営陣も若い社員が率先して経営のことを考えていることに安心したのだと思います。
発表後の夕食会では経営陣とワーキンググループ参加者とで交流を深め、
楽しいひと時を過ごすことが出来ました。

子会社の良いところは社員数が少ないことだと思います。
ほとんどの経営層はおそらく全社員の顔と名前が一致していると思います。
経営層との距離が近く、モノが何でも言える環境。
僕が就職した会社にはない良さだと思います。

来月以降、経営への提言の実現活動が始まります。
引き続き頑張ります。
[PR]
by for_funekun | 2005-10-29 22:04 | business

結果中毒

僕は「たとえ結果が出なくても過程がよければ全てよし」という考え方でした。
でもここ最近は結果が出ないと納得いかない。
それだけ一生懸命やっている。
すると結果に対して貪欲になってきた。

一生懸命にやることは投資である。
一生懸命やればやるほど他のことに目が入らなくなる。
とても不安定な状態だ。
心配だから早く結果を出して安心したくなる。
だから結果にこだわるようになる。

でも一旦距離をとって、過程を見直すことも大切だと思う。
[PR]
by for_funekun | 2005-10-28 00:52 | personal
いよいよ今日は発表前の最終日でした。
プレゼンでボコボコにされ、今まで修正作業をしてました。

このワーキンググループに参加してひとつ気がついたこと。
僕と主査の違い。
それはモチベーションにあります。

僕はワーキンググループに参加していることを言い訳にして
毎日の通常業務が遅れてしまうことがありました。
(露骨には言いませんがみんなにわかって欲しいと思ってます。)

しかし、主査は違います。
通常業務とワーキンググループ主査を兼務しているにも関わらず
どちらの業務も100%の力でこなします。

帰りのタクシーでその「主査のモチベーションの根源は何かについて」
みんなで論じていました。

そこで出た結論が「できた時の喜びを考えて仕事をしているんじゃないか」と言うことです。

僕らとのワーキンググループ活動を遅くまで付き合ってくれているのも
活動を通じて会社に貢献できた時の喜びを実感したいと日々思っているからだと思うのです。

やっぱり人や会社のために頑張れることこそがモチベーションの根源になるんですね。
自分のためだけに頑張ることって難しいんだと思います。

急に変わっていくのは難しいですが
人が喜ぶ姿を思い描き、仕事をするのも悪くないなと思いました。
[PR]
by for_funekun | 2005-10-27 03:00 | business

viva!お天気週末!!

昨日は予定通りワーキンググループを終え、
メンバーと飲んで帰ってきた。
さすがに疲れていたのかPCを立ち上げたまま熟睡。。。

目が覚めたのは10時頃。
う~ん。
久々にGOOD!
最高に天気の良い週末。
早速、3週間分溜まった
部屋の掃除、洗濯そして家での朝飯。
ものすごく充実感がある。

ここで気がつく。
僕は自己実現とか成長とか夢とか
いろいろな目的で仕事をしてきた。
でも何よりもまずは生活のため。

生活がしっかりしていないと
良い仕事なんてできないと思う。

僕の仕事に対する考え方のひとつに
「公私混同するな!」っていうのがあったけど撤回。

プライベートが良い意味で仕事に反映されるなら
どんどん公私混同すべき。
というかプライベートを充実させて
仕事も充実させるようにすべきだ。

結局、今日も夕方から仕事なんだけど
このことに気がつけたことの意味は大きいと思う。
[PR]
by for_funekun | 2005-10-23 13:07 | goal
いよいよ経営陣への提言まで差し掛かったきた。

多分、経営陣もこれまで今回の提言くらいなら考えてきたと思う。
でもやらなかった。

それは経営陣が上から下に言うだけでは
会社は変わらないと思ったんだろう。

でも今回、僕らは提言した内容について実現する活動も行う。
僕らのような現場の社員が活動に積極的に加担することで
より現実味を増すと考えている。
そういう意味では僕らの提言の意義は大きい。
[PR]
by for_funekun | 2005-10-23 13:05 | business
今日も終電帰宅。
WG活動もいよいよ半ば。
しかし、進捗遅れは否めない。

急遽、チームをさらに細分化して進行する形式に変更。
原因は人数が多いために意見が集約されないことだ。
うまく集約されれば良いのだが
僕をはじめとする経営に関する知識のない人同士が集まって議論してもまとまらない。

それにこのような経営を変えたいと思っている人たちの集まりで
自分の意見が反映されないとなるとモチベーションが低下する人が現れる。
時間がなくなればワンマンにだってなりうるのだ。
そのような最悪の事態を避けるため、
グループをさらに分けた。

今日から少人数で進めてみると、
以前よりもみんなの意見を聞く時間が減り、
意見を言う時間が増えた。
意識合わせをするための時間が減り、
意見を生み出す時間が増えた。

今の人数、規模が丁度良い。
WGの進行にはいろいろな要素が絡むということが理解できた。
[PR]
by for_funekun | 2005-10-20 02:13 | business
今日はゴルフを見に行った。

横峯さくら不動裕理の戦いが見たかったのだが
雨の中の観戦となり、中盤で不動の優勝がゆるぎないものとなったので
14番ホールをずっと見ることにした。

そこで気がついたことは
お客さんは通常、出場ゴルファーの中の誰かのファンであり、
その人をずっと追っかけ続けているということだ。
14番ホールにずっと立っていると、人気のある選手はギャラリーが多く、
人気のない選手には一人もギャラリーがいないこともある。
どの選手も一流であるのにも関わらずだ。

やはり人気のあるのは宮里と横峯。不動もソコソコ人気はあるようだ。
ギャラリーの力をうまく借りることが出来る選手は
ギャラリーのおかげで成績が上がることもある。
しかし、ギャラリーが少ない選手は自分の力だけで結果を出さなければならない。

普段の自分の力以上の結果を出したい場合に
ギャラリーへのサービスを忘れないことも大事だなと感じた。
[PR]
by for_funekun | 2005-10-16 23:25 | break
昨日も終電過ぎまでWGの資料を作成していた。
完成した時は自分でも納得のいく資料を作ったが
みんなの資料と比較すると教科書を写したような資料を提出してしまっていて
面白みが全くなかった。
反省である。

それにしてもうちの会社と子会社の関係って微妙な位置づけだと思う。
子会社でプロパー社員を採用している以上、
子会社社員のモチベーションの維持を図るのは環境的に難しい。
最終的には独立するしかないのではないかとさえ感じている。

うちのグループ会社であることのメリットを社員全員に理解してもらい、
帰属意識を持たせるというのは難題極まりない。
もっとシンプルに経営を考えたいが、親会社子会社の複雑な関係を
垣間見ることができているのが収穫となっている。
[PR]
by for_funekun | 2005-10-15 23:10 | business
経営の視線から会社を見ることの難しさをWGメンバーで共有してばかりいる。
毎回かなりキツイ宿題が出ており、それをこなすのが非常に大変なのだ。

僕の場合、同じ職場にメンバーがいるのでその人と一緒に宿題をやっている。
一人だと自分の意見の正当性や作成した資料の見やすさ、モチベーションの維持など
質の面から見ると高いものを作るのには限界を感じるのだ。
お互いの良い面を殺さないのであれば複数人で取り組むことは非常に良いことである。
その代わり、お互いの良い面を殺さないことに細心の注意を払っている。
[PR]
by for_funekun | 2005-10-13 02:03 | business