未来への出発までのひと時


by for_funekun
カレンダー

<   2005年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧

笑顔

今日は国際フォーラムにて女子十二楽坊のコンサートを見てきた。

女子十二楽坊のファンというわけではないが、
友人に誘ってもらったので行ってきた。

ポップスというより、クラシックのコンサートに近い形で進行された。
彼女達のお馴染みの曲が次々と流れ、とても心地よかったが
それ以上に彼女達の笑顔が素敵だった。

確かに曲を聴くだけでも癒される。
でもそれに笑顔という付加価値をつけることができる彼女達だからこそ
世界中で絶賛されるようになったのではないかと密かに思っている。

それとひとつ疑問が。
なぜクラシックコンサートに行くと演奏者は男性ばかりなんだろう。
女性が楽器を演奏するほうが個人的にはリラックスして聞けるような気がするのだが。。。

そう考えると女性だけで癒しの曲を演奏する女子十二楽坊というグループを
プロデュースした王暁京という人は凄いなと思う。
[PR]
by for_funekun | 2005-08-28 01:20 | break

プライドを捨てる

一人で仕事を回すのが厳しくなり、
上司にサポートしてもらいながらやっている。
今は手取り足取り教えてもらっている状況だ。

計画を立てて仕事をすることの難しさ。
計画通りに人に動いてもらう難しさ。
そんなことを実感している。
上司には「君はこんな風に仕事をすれば回せたんだよ。」と
優しくサポートしてもらっている。

非常に恥ずかしいことだが
任せてもらった仕事を上司に取られてしまったことの悔しさよりはあまりない。
そんなことよりも学ぶことの方が圧倒的に大きい。

プライドを捨てて上司の言うことに素直に耳を傾けることも大切なことだ。
[PR]
by for_funekun | 2005-08-25 23:13 | business
昨日は中学時代のクラス会があった。
とても心地よい時間を過ごすことができた。

みんな友達想いの優しい人ばかり。
それぞれが素敵な大人になっていて
とっても嬉しくなる。

みんなありがとう!
[PR]
by for_funekun | 2005-08-21 23:11 | break

細かなフォロー

4年以上いつも同じ人に髪を切っていただいていたが、
先週いつもの美容室に行ったら閉店していた。

昨日、実家に帰ったところ、
閉店してしまった美容室の担当の方から手紙が届いていた。
別のお店で働いているとのこと。
今日、早速行ってきた。

いつもこの方にお任せしているのは仕事への姿勢が好きだから。
とてもプロ意識の高い方で、
全く違う仕事についていながらも刺激を受けている。

今月から新しい職場でのスタートを切ることになる。
これまで築きあげたお客様からの指名が全くない状況だ。
でも多分彼ならまたたくさんの指名を取り、
新しいお店の雰囲気を変えていくのではないかと信じている。

仕事ができる人というのは細かなフォローができる人なのだと思う。
いつも勉強になる。
[PR]
by for_funekun | 2005-08-21 23:00 | business

友の声に耳を傾けよう。

今の仕事はいろいろな問題が複雑に絡み合ってしまっていて
自分の力では整理できていない。
人手が足りないからといって増員したとしても
人手不足の問題はすぐに解決するわけではない。
知識やスキルの問題もあるし、新たな人間関係が発生する。

いろいろ困っているところに偶然友達から電話がかかってきた。
別件での電話だったがついでに相談にのってもらい、
なんとか仕事をうまく進められそうだ。

僕は仕事を抱え込む癖があり、
問題点を上司に伝えるのが遅くなってしまっている。
上司は仕事を丸投げする人なので、
僕が丸ごと解決することを望んでいるものと勘違いしていたのだ。

問題というのは発生した時点で上司に報告すべきものなのだ。
対策の判断は上司と相談して手を打つべきであって、
独断で解決しようとしてはならない。

やはり持つべきものは友だと思う。
このような話はチームや職場の人には相談するより、
友達の方がシンプルな意見を述べてくれる。
職場だと仕事が絡むのでアドバイスなのか命令なのかが
わからなくなってしまう恐れがある。

夜遅くまでいろいろ教えてくれた友達に改めて感謝である。
[PR]
by for_funekun | 2005-08-20 11:37 | business

振り回されている

新しい協力会社さんが入ってきた。
問題点が見つかるとすぐに相談してくれる。
仕事が終わるとすぐに報告してくれる。
そんな理想的な協力会社さんだが、うまく使いこなせていない。

それに対して僕はその人の仕事をサポートしているだけで定時が過ぎ、
残業時間帯に自分の仕事を進めるという悪循環。
僕に対して求めるレベルも高く、
それに応えようとして余計に回らなくなってしまっている。

明らかに僕より仕事を進めるのが上手な人が下についてしまった。
贅沢な悩みなのかもしれないがこれまでで最も厳しい問題だ。
僕に課せられた使命をもう一度考え直さなければと思う。
[PR]
by for_funekun | 2005-08-19 00:00 | business

やっぱりスピードか。

やっぱりスピードが大事。
求められているのはスピードだということを実感した。
まずは観点の共有。
資料は二の次。
そんな感じで。
[PR]
by for_funekun | 2005-08-18 00:36 | business
問題が発生すると頭が混乱して何をすれば良いのか分からないときがある。
一人でいくつもの役割を果たしているため、問題点を整理できていないのだと思う。
組織で仕事をしていると、いろいろな立場に立たされているのだということに気がつく。

お客様から依頼を受ける立場のときもあれば、
お客様にお願いする立場のときもある。
先輩あるいは後輩としての立場であったり、
上司から依頼を受ける立場や、協力会社さんに依頼する立場のときもある。

常にいろいろな立場に置かれるが、
どんな立場であっても僕個人に対して問題が発生しているため
「Aという立場で考えると問題ないけど、Bという立場で考えると問題あるな。」
「あれ、もしかするとCという立場のときにも影響を与えるんじゃないか?」
なんて考え出して混乱し始めるのだ。

問題の発生しない仕事なんてほとんどない。
だからこそ問題点を整理し、ひとつひとつに対する解決策を打つ必要がある。
僕に発生している問題を立場ごとに整理すれば
次に何をするべきかというのが見えてくるのではないかと期待している。
[PR]
by for_funekun | 2005-08-17 00:52 | business

トラブルは続く

週末をまたぎ、トラブル対応が続いている。
一つ目のトラブルが解決していない上に、
今度は別のトラブルが発生した。

担当者や責任者は木金曜日と徹夜して、
土日月曜日と徹夜が続いている。
お偉方や銀行窓口チームは体がボロボロだ。

トラブル時は徹夜をしてでも対応しろと言うが
どこまで徹夜をしろというのだろうか。
トラブル時に全員体制で取り組むことは非常に大切なことだが
全員が動けなくなっては大問題だ。

システムでもホットスタンバイなどで2系統作動させているのだから
対応者も複数体制が必要なのかもしれない。
そもそもうちのプロジェクトは
維持メンテナンス部門と開発部門の体制とが同じであることが問題なのかもしれない。
他の会社やうちの会社の別プロジェクトではどのような体制になっているのだろう。
[PR]
by for_funekun | 2005-08-15 23:57 | business
木曜日の午前中、大きなトラブルが発生した。
水曜日に発生したトラブルの処理の仕方に問題があったことが原因だ。
影響範囲はエンドユーザにまで及び、リカバリ作業は今日も続いている模様。
当社のかなりお偉方まで登場し、徹夜での対応が続く。

僕の担当している業務には直接的な影響はなかったものの
支援作業をしていたため仕事が少々遅れた。
そんなことよりも大きな影響が出るのは明日以降の作業の進め方だろう。
ちょっとした本番システム変更作業の許可を取るにも
大変な稼動がかかるのが容易に想像できる。

今回のトラブルの直接的な原因は
この「ちょっとした本番システム変更作業」の作業ミスから発生しているからだ。
作業ミスの原因は作業の省略である。

通常、担当者は変更したかった部分以外に変更されていないことを必ず確認する。
担当者はその作業を怠り、さらに作業を実施したと上司に虚偽の報告をした。
上司も内容の確認をせずに本番システムに反映する許可を出した。
ここでは担当者と上司が通常取るべき手順を怠ってしまった。
決まりきった手順であればあるほどこのようなことが起こりうる。

さらに言えばこの上司に対してチェックが行き届かなかったのは
プロジェクトの本部と開発拠点が離れていることも原因の一つだと思う。
プロジェクトの本部は会社のお偉方からの目が行き届くよう
首都圏に集められている。
しかし、開発拠点はプログラムの開発さえできればどこでもよいという考えから、
うちのプロジェクトの開発チームは土地や人件費の比較的安い地方で作業を行っている。
通常はテレビ会議や電話を使って連絡を取っているため困ることは少ないのだが、
今回のような作業の確認自体は本部で実施するのは非常に手間がかかる。

プロジェクト内でも本部と開発拠点が離れていると
細かな調整が行き届きにくいと言われていたが、
トラブルのような迅速性が求められるときはなおさら厳しいということがわかった。
幸い、うちのプロジェクトは日本人しかいないが
中国人やインド人に開発を任せることになったら今回以上に厳しいのではないだろうか。
[PR]
by for_funekun | 2005-08-14 20:51 | business