未来への出発までのひと時


by for_funekun
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2005年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

彼氏や彼女からプレゼントを頂くときにこんなことって聞かれません?
彼女がいない僕にとってはどうでもいい話ですが、
欲しいもの、いっぱいあります。
ちょっと前の僕なら「別に…」って答えていたと思うけど、今は違います。

まず、靴が欲しいです。
先日TOMORROW LANDに行ったときにちょっと渋い靴を見つけてしまったのです。
その時はサイズがなくて断念したのですが絶対欲しい!
次に、家具!
以前も書きましたがligne rosetの一人掛けソファー。
今日はカタログを貰ってきました。
15万円以上しますがちょっと本気です。
さらには時計。
オメガ。これもカタログ貰ってきちゃいました。ちなみに35万円します。
そして、車。
skylineが欲しい。
みんなおっさん車って言うけど僕には関係ない。
最後に家。
都内の高層マンションに住みたいです。。。

でもこれらのものは全部自分で買いたいと思っている。
僕はモノを購入するとき、選ぶ過程を大事にしている。
どんなに安いものでも必要のないものは買わない。
選ぶときは本当にこれを使うのか、身に付けるのか、あれこれイメージしている。
結構必死に選んでいるので手に入れたときの満足感は大きい。

だからもし人からプレゼントを頂けることになって例の質問をされた場合、
やっぱり「別に」と答えてしまうだろう。
プレゼントをくれる人が必死になって選ぶ過程で考えたことを最大限に受け取りたいから。
その人が僕に受け取って欲しいと心の中で思っているものを受け取りたい。
だから僕もプレゼントをあげるときは、その人に対して思っているイメージを
最大限映し出したモノをプレゼントするように心がけている。
[PR]
by for_funekun | 2005-04-30 00:59 | break

発想の転換

今日は仕事が早く終わったので先輩に借りていたDVDを見た。
ガイアの夜明け「ソフトバンク」、「マンションの販売集団」の2本立てだ。

パソコンで見たが思ったよりきれいな映像だ。
CMも飛ばせるし、見たいときに見れるから満足だ。

感想だが、まず「ソフトバンク」。
孫社長の考え方が少し見えた。
シンプルな逆算の発想だ。
お客さんが求めているものを提供すれば数字なんていくらでも達成できる。
最初から無理だと思うから絶対に達成できない。
今までと同じやり方をしていたら頑張った分普通よりちょこっと良くできるだけだ。
でもやり方を変えれば数十倍もうまくいくかもしれない。
だからやり方を考えることが重要なのだと思う。

続いて「マンションの販売集団」。
社長がとにかくプラス思考。
物を売ったり、人を動かすためにはプラス思考が重要。
ものごとの良いところを見つけなければ
人に気に入ってもらえることなんてない。
人よりどれだけ良い点を見つけられるかが勝負なんだと思った。

リスクを抑えるためには悪い部分を見つける必要もあるが
それ以上に良い点を見つけることで解決できる。
[PR]
by for_funekun | 2005-04-28 00:34 | goal

存在意義

自分をどのように発信していくことが
自分という存在をわかりやすく相手に伝えることができるのか。

例えばブログ。
私のブログを読んでくださっている方は
私のブログに何かを期待してくださっているはずである。
もちろんその逆も然り。
でも読んでくださっている方の期待に応えるためだけに書いていては
自分がブログを通して実現したいことは実現できないわけで、
そこらへんが難しいと感じる。

人との出会いも同じこと。
社会人になって人との出会いに積極的になったと思う。
限られた時間の中でなるべく多くの方とお話して、その人の情報を集めるだけでなく、
自分の印象を持ってもらうことが出会いでは大切なことだと考えている。

これまで出会いを通して、自分に欠けているなと感じることや
こんな人になりたいなと思うことは度々あった。
でも最近思うことは自分という存在をもっと知ってもらいたいということ。
困ったなと思ったときや、こんなときはコイツの話を聞いてみようと思われるようになりたいと。
そのためには自分の考えを主張していかないといけないのかな。
例え自分が嫌われることになろうとも
主張し続けることがやがてエネルギーへと変わるのかもしれない。
[PR]
by for_funekun | 2005-04-26 00:55 | personal

古田選手

古田選手の2000本安打が注目されている。
メガネのキャッチャー選手っていうのがまた凄い。
でも古田選手にしてみればハンデではないようだ。
「バッティングはカウント」だと言う。

’1-0’(1ストライク、ノーボール)と’0-1’(ノーストライク、1ボール)とでは
バッターとピッチャーにかかるプレッシャーは全く異なる。
’1-0’はピッチャーに有利なカウント。
’0-1’はバッターに有利なカウント。
だから’1-0’にしてはならない。
つまり最初の1球目に打てるボールがきたら必ず打つ。
この積み重ねである。

でもその背景には練習の積み重ねがあるんだと思う。
本番で1球目から打つためには練習で何本も打たなければならない。
1球目から打てるよう日々意識して練習しているのだろう。
[PR]
by for_funekun | 2005-04-20 23:54 | life

部屋を汚す人

昨日は気に入った家具を見つけることができた。

ふと自分はなぜこれまで家具に興味がなかったかと考えると
部屋が汚いからだと思う。
あらゆるものが何のルールもなしに散乱しているのだ。

このままだと例え新しい家具を購入しても
購入しただけで満足し、大して使われることもなく、埋もれてしまうんだろうな。
そう思って、今日は掃除をすることにした。
それもモノを片付けるだけではなく、床の雑巾掛けや、風呂、トイレ掃除まで。

そして、これまでイスが置いてあった場所は何も置かずに
いつソファを購入しても配置できるようにした。

掃除って思いのほか疲れる。
昔、母親に「部屋を散らかす人は掃除をろくにしたことがない人だ。
だからお前も汚すんだ。」と叱られたのを思い出した。
一度、気合を入れて掃除をすると部屋を汚すことが嫌になる。
いつまで続くかわからないがせっかく掃除をしたので部屋をきれいに使いたいと思う。
[PR]
by for_funekun | 2005-04-17 23:11 | break

僕の町

昨日は同期と焼肉をたらふく食べた。
かなり美味しかったため食べ過ぎてしまった。

最近飲む機会が非常に多い。
今朝は早く起きて半年振りにジョギングをすることにした。
いつもの海岸沿いを走ったけどやっぱり体が重いので来週も続けようと思う。

今日は行くべき場所と行きたい場所があった。
とりあえず行くべき場所である不動産屋へ賃貸アパートの契約更新に行った。
家賃一か月分+保険料=8万円。
更新するのにお金を払うなんてバカバカしいので引越しも考えたが
引越しの方がお金がかかってしまうので妥協してしまった。

そのあと、行きたい場所であるガーデンウォーク幕張へ。
4月15日に新棟「パークサイド」がオープンしたのである。
結構好きなブランドが多いので絶対に今日行きたかった。

というわけで向かっていると驚くことがもう一つ。
途中にまた新しいビルが建っていたのである。
家具の「かねたや」が手がける「ROOMDECO」も4月15日にオープンしていたのである。
せっかくなので見てみると1階に若い人向けのおしゃれな家具が、
2階には大人向けの落ち着いた家具が展示されていた。

今の僕の部屋は寝るためだけに存在しているため決して居心地のいい空間ではない。
ちょっとおしゃれな家具でも購入して寛げる部屋を作ろうかなと考えた。
で、かなり気に入った2人がけのソファの値段を見てビックリ。
ligne rosetというブランドのものでおよそ18万円した。
本当に欲しくなってしまったので頑張って働いて絶対買おうと思う。

そのあと予定通りにパークサイドに到着し、
たくさん買い物をして帰ってきた。
アウトレットだと本当に安い。
欲しいサイズのものがなかったり、
少し古いものも置いてあるが
自分が気に入ったものしか購入しないのであまり気にならない。

走ったり、歩いたりと本当に疲れた一日だったが
今日は自分の住んでいる町が好きだなと感じた一日だった。
[PR]
by for_funekun | 2005-04-16 22:08 | break
4月15日付の日経新聞から

<情報源>
世界貿易機関(WTO)が発表した2004年の世界貿易統計

<内容>
①世界全体の輸出額
 8兆8800億ドル(前年比21%増)
②背景
 世界的な景気回復と原油などの商品価格の急騰
③地域別輸出増加率
 中東…26%増
 アフリカ…30%増
 アジア…25%増
  ⇒発展途上地域の増加率の平均…25%増(世界平均を上回る)
④国別輸出入額ランキング
 〔輸出〕
 1位(昨年1位) ドイツ(9,148億ドル)
 2位(昨年2位) 米国(8,190億ドル)
 3位(昨年4位) 中国(5,934億ドル)
 4位(昨年3位) 日本(5,655億ドル)
 5位(昨年5位) フランス(3,588億ドル)
 〔輸入〕
 1位(昨年1位) 米国(15,264億ドル)
 2位(昨年2位) ドイツ(7,175億ドル)
 3位(昨年3位) 中国(5,614億ドル)
 4位(昨年5位) フランス(4,641億ドル)
 5位(昨年4位) 英国(4,620億ドル)
 6位(昨年6位) 日本(4,545億ドル)
⑤中国の輸出総額に占める外資企業の割合
 50~60%を外資企業が占める(中国税関)

世界的な輸出入額の増加はやはり、原料単価の高騰に依るところが大きいのだと思う。
上記⑤でいう外資とは何%以上出資している企業を対象にしているのか不明だが
輸出額3位というポジションは世界の工場として機能している結果なのだろう。
それと少し驚いたのは輸出国第1位がドイツであるということ。
ドイツの主な貿易相手国はEU各国および米国で、中国との輸出入は比較的少ない。
驚異的な成長率が続く中国にばかり目を向けてしまいがちだが
EUという市場について知ることも大切なのかもしれない。
[PR]
by for_funekun | 2005-04-16 09:50 | world

加熱する中国投資

今日はガイアの夜明け(テレビ東京)を見た。
特番で「1年で2倍に価格急騰上海マンションに殺到する投資家」を
テーマに番組が放送されていた。

現在上海のマンションは高騰しているらしい。
1年で110~200%くらい値上がりしている。
その恩恵を受けようとさらに投資をしようとする人がいる。
中国内では温州人が盛んに投資を行う。
日本や海外からもマンションへの投資は尽きない。
しかし、マンションの値段はもはや上海で仕事をしている人が買えるような値段ではない。
そこで今度は出遅れ感のある北京が注目を浴びている。
結局、次から次へと投資が続くのである。

また、日本や海外の人が不動産に群がる理由は
株を買うには制約が多いが、不動産は比較的自由に買えるからだという。
しかも、元の切り上げ期待も高まり、その傾向は益々強まるという。

テレビからの情報が全て正しいとは思っていない。
しかし今の中国の不動産は間違いなく、バブルだと思う。
素人が利益を上げて切り抜けるのは難しい。
それでも中国は僕を惹きつける。
[PR]
by for_funekun | 2005-04-13 00:52 | business

中国に進出するリスク

中国で反日デモが続いている。
今日は海運や建機などの中国関連株の下げがきつかった。
反日デモの拡大に伴う日本製品の不買運動や
日本企業との取引縮小といった企業収益の悪化懸念が広がったためだ。
長期的に株価に影響が出るとは考えにくいが。。。

また、反日デモについても一時的なものだと考えている。
このようなデモが起こってしまったのも歴史問題だけが原因ではない。
中国の経済構造の問題も要因のひとつとなっているのだと思う。

昨今、中国経済の成長は著しい。
その一方で社会主義国にも関わらず、
国内では貧富の差が広がっているのも事実だ。
貧しい人々が貧富の格差の増大の原因である経済発展を
抑えたいがために外資企業の利益の増大を妨げているのだと思う。
そのターゲットとなったのが日本企業である。
歴史問題という大義名分があればデモも正当化できる。

しかし、結局、今の中国政府は思想よりも経済的成長によって国民を束ねているので
利益を生み出さない反日デモは収拾するだろう。

日本にいるからこその楽観主義だが
中国に進出している企業ではそうも言ってられない。
中国に進出することのリスクを改めて考えさせられる。
[PR]
by for_funekun | 2005-04-12 00:10 | business

サービス

今日は髪を切りに行った。
いつも切りに行くお店は同じで、担当者も決めている。
もう3年以上も通っている。

いつもその人にする理由は
カットももちろん気に入っているが
人間性というか仕事への姿勢が好きだからだ。
と言ってもその人とはほとんど話していない。
わかるのは表情と雰囲気だけ。

カットしているときはほとんど無言。
でもその目は真剣。
見た目は適当な感じなのだが、
他のスタッフへの指示は的確なように見え
(僕は専門家ではないのでわからないがスタッフも納得している様子)、
カットにたくさんの技術を取り入れていて(見た目鮮やか)、
いつ来ても緊張感を持って仕事をしている。
一番肝心なのは担当のスタッフ自身が納得するまでカットをしてくれるので
出来上がったヘアスタイルに自信が持てること。
(例え僕が納得していても切り続けることもある。。。)

でも僕は専門家でないし、
ヘアスタイルなんて人に見られて良いか悪いかが決まるものだと思っているから
担当のスタッフが納得できるヘアスタイルにしてくれたほうが
僕自身満足できる。

サービスってそういうものだと思う。
サービスに正解はない。サービスを利用する側の納得感が得られるかどうかだと思う。
提供者が納得できないものを提供されてもサービスを利用する側は困るだけだ。
毎日同じような仕事をしていると気が抜けてしまうこともある。
しかし、それではいけない。
サービスを利用する側の立場に立って気がつくこともある。
[PR]
by for_funekun | 2005-04-10 21:23 | goal