未来への出発までのひと時


by for_funekun
カレンダー

<   2005年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

<自律したビジネスマンの業務遂行スキル>

手順① 作業の準備
 ステップ1:仕事のゴールの把握
  仕事のゴール…目的に沿って作業を実施した結果生み出す状態や成果物
 ステップ2:状況および背景の確認(作業の前提となる周辺環境や背景を把握すること。)
  ・ 検討経緯(過去の検討経緯や意思決定などと整合の取れた仮説を構築することが
          求められるため。)
  ・ 周囲との関連性(過去だけでなく、現在進行中の周辺領域の作業も念頭に入れる。)
  ・ 緊急性(作業の期限により進め方は変わる。)
  ・ 作業の前後関係(スケジュールを決める上で最も重要。)
  ・ ステークホルダー(作業結果を受ける人、協力者などを意識。)
  ・ 体制(チームで取り組む場合、役割分担を明確にすること。)
 ステップ3:調査・ヒアリング
  細かく情報を探索・整理するのではなく、大まかな作業の流れや作業項目を掴むために
  実施。
 ステップ4:仮説構築とプランニングチャート作成
  ・ 情報を構造的に捉える。
  ・ 役に立つものの抽出、複数の情報を集約する。
  ・ アイデアを実践した場合のシュミレーション
  ・ 検証結果を踏まえ、仮説を肉付け
 ステップ5:スケジュールの作成
  作業郡を論理的に分解し、漏れやダブりを防ぐ。他人が見てもわかるようにする。
 ステップ6:課題・不明点の洗い出し
  「スキル」、「知識」、「労力」、「立場」などの課題や不明点を洗い出す。
 ステップ7:作業の進め方に関する合意
  「目的」、「仮説」、「納期」、「課題・不明点」について指示者と意識を合わせる。
  さらに、レビュータイミング、調整依頼、資料提供依頼、危機管理の依頼まで行うと
  指示者にも明確に役割と責任を理解してもらえる。

手順② 情報収集/整理・分析
 ステップ1:グランドデザインの作成
  ・ 導きたい結論の整理
  ・ 仮説を検証するために必要な情報の整理、分析方法の決定
  ・ 仮説を検証し、成果物イメージを満たすために必要な情報を定義
  ・ 収集方法の決定
 ステップ2:情報収集
  ・ ヒアリング ⇒ 目的と趣旨を共有し、相手にとって答えやすく、かつ自分にとっても
             重要な質問をする。
  ・ リサーチ ⇒ 費やす時間と成果を意識
 ステップ3:結果の整理/分析
  ・ 知りたい情報は得られたか。
  ・ 当初想定していない気づきや発見はあったか。

手順③ 成果物作成・働きかけ
 ステップ1:位置づけの明確化
  ・ 「対象」、「目的」、「メッセージ」の明確化
    「目的」…役職、権限、背景(専門領域)、人柄や聞き方
 ステップ2:成果物の作成
  ・ 文章の構成
  ・ 表現(表や図を用いる)
 ステップ3:働きかけの実施
  ・ 準備(資料や進め方、運営について)
  ・ 実施(意識して聞いて欲しい点を明確にし、相手の意思決定の結果を確認)
[PR]
by for_funekun | 2005-02-27 23:21 | business

研修 第二部 ~要件~

<自律したビジネスマンが備えるべき要件>

① 全体感
 〔構成要素〕
  ⅰ) ビジネスとしてのゴール設定
   「着手しようとしている作業がどのように顧客や自社のビジネスバリューに
   繋がっているか。」を常に意識することで仕事を広い視点で捉え、個々の作業だけに
   意識が集中することを防ぐ。
  ⅱ) 前工程・後工程
   前工程と後工程を把握することで自ら担当する作業の計画を立て、成果物を定義する
   際にあるべき姿や必要な情報が明確になる。
  ⅲ) 影響範囲と整合性
   並行して進められている他の作業と自らの作業の関係を正しく理解することで
   作業全体の整合性を保つ。
  ⅳ) プランニング
   ・ ゴールから必要な作業を洗い出す。
   ・ 関連性と優先順位を決める。
   ・ 役割分担を行う。
   ・ スケジュールを作成する。(納期を意識)
   ・ 効果の測定基準を作成する。(品質を意識)

② 情報リテラシー
 〔構成要素〕
  ⅰ) 二次情報の収集
   情報は仕入れるだけでなく、使えるようにすること。そのためには情報を仕入れる際に
   強み、弱み、機会、脅威の4つの観点から整理して理解するとよい。
  ⅱ) 興味・関心
   知らないことはすぐに調べ、尋ね、自分の言葉で説明できるようにする。
  ⅲ) アンテナ・感度
   仕事において気の利く人というのは持っている情報量が違う点が挙げられる。
   ・ 隣席で行われている指示、指導などに耳を傾ける。
   ・ 会議から帰ってきた上司や同僚に状況を尋ねる。
   ・ 上司やメンバーのスケジュールを大まかに把握する。

③ 仮説構築・検証
 〔構成要素〕
  ⅰ) 短サイクル/スピード感
   仮説と検証を短いサイクルで継続的かつ恒常的に繰り返し、何らかの形で必ず
   成果物を出す。
  ⅱ) 提案と選択によるコミットメント
   提示された方法に対して他の方法がないかを自分で考え、提案する。また、作業内容と
   方法については自ら納得して進める。
  ⅲ) アカウンタビリティ
   自らの作業内容や成果を一人称で説明できる責任を意識しながら作業を進める。
  ⅳ) 付加価値
   「独自の工夫」、「新たな視点」、「気遣い」などビジネス上の成果物の作成目的を
   正しく理解し、目的にあった付加価値を考えること。

④ 関係構築 〔構成要素〕
  ⅰ) 会議への参加(発言)
   会議を円滑に進めるための要素
   ・ 会議の目的、進行手順、時間配分が事前に定められ、共有される。
   ・ 参加者の発言が論理的に整理され、正しくコミュニケーションが行われる。
   ・ 対立した意見が前向きな検討により解消される。
   ・ ホワイトボードなどにより議論の内容が随時共有され、理解レベルが揃えられる。
  ⅱ) 情報共有
   情報を一人で抱え込まず、整理し、更新ルールを決める。
  ⅲ) フットワーク
   情報を提供している人は情報を得る機会が多くなる。
  ⅳ) 人脈/ネットワーク
   社内外を問わず、重要な情報を持っているキーマンとのネットワークを維持拡大する
   ことが自分1人の持つ以上のパフォーマンスを実現するための力になる。
[PR]
by for_funekun | 2005-02-27 22:34 | business
いよいよ明日から職場に復帰する。
その前に研修で学んだことを一度まとめておこうと思う。

<前提>
研修で学ぶことは基本的なことではあるが
'Knowing Doing GAP'という言葉があるように
「知っていること」と「できること」にはギャップがある。
「知っていること」はどうすれば「できること」になるか考えながら受講すること。

<研修の目的>
短期的:職場での問題解決を図る。
長期的:自分自身の成長シナリオを作成する。

<自律したビジネスマンが備えるべき要件>
 ① 全体感
   ⇒ 高い視点で仕事の全体像を捉え、自らの役割を理解する。
 ② 情報リテラシー
   ⇒ 必要な情報を自ら広く収集・貯蓄する。
 ③ 仮説構築と検証
   ⇒ 常に仮説検証、判断、提案を繰り返し、パフォーマンスを最大化する。
 ④ 関係構築
   ⇒ 自ら発信、働きかけを行い、広く周囲との信頼関係を構築する。

<自律したビジネスマンの業務遂行スキル>
 上記用件を身に付けた上で、実際の業務を遂行していくときに発揮するスキル。
 手順① 作業の準備
   ⇒ 作業の進め方について上司や顧客と意識を合わせる。
 手順② 情報収集/整理・分析
   ⇒ 情報ニーズに対して最適な方法によって情報を収集し、結果を論理的に整理し、
     チームメンバーとの共有を図る。
 手順③ 成果物作成・働きかけ
   ⇒ 仕事の目的や相手先に応じた最適な成果物を作成する。
[PR]
by for_funekun | 2005-02-27 21:41 | business
昨日は研修最終日だったため通常なら「研修の打ち上げ」となる流れだったが
みんな入社3年目ということもあり、多くの同期は職場へ戻っていった。

僕は職場に戻る必要がなかったため
買い物でもしようかと思い、有楽町に移動しようと考えていたところ
偶然、同期と帰りが一緒になり、途中まで一緒に帰ることにした。
車内ではお互いの過去の話で思いのほか盛り上がり、
飲みに行くことになった。

2年ほど前に別の同期の誕生日を祝った樹太老というお店で飲むことに。
研修所で見る印象とは全く異なる一面をお互いに感じつつ、
生まれも育ちも全く異なる2人が考え方を共感することができ、熱く語り合った。

同期と一緒に受ける研修というのは
普段の職場では生まれないライバル意識が芽生え、
期待以上に得るものが多かった。
しかし、そのこと以上に充実感を得ることができたのは
腹を割って話し合える同期を見つけたことだった。

最後に友達はサーモン巻きを頼み、僕はかっぱ巻きを頼んだ。
なかなかいい組み合わせだと思う。
[PR]
by for_funekun | 2005-02-26 21:28 | life

なんだか面白い研修

今日から研修が始まりました。
入社3年目もまもなく終わりを迎えるということで
今一度仕事のやり方を見直そうという目的の元、3日間のスケジュールが組まれました。

この研修、非常に面白く、なかなかためになります。
まあ、今更ためになるといっている時点で問題ありだと思うのですが
OJTだけでは得られない仕事の考え方を提示してくれます。

3日間あるので研修が終了したら内容をまとめたいと思います。

とりあえず今日は久々に同期と飲んで情報交換してきました。
また、明日寝坊しないように頑張ります。
(この研修は朝が早いのが唯一の欠点なのです。。。)
[PR]
by for_funekun | 2005-02-24 00:46 | business

健康診断

今日は健康診断でした。
健康診断って子供の頃はなんとも思いませんでしたが、
今は非常に重要なイベントだと感じています。

仕事でもそうですが、
問題は大きくなってから解決するほうが大変です。
健康診断を毎年受けていることで
もしかしたら体の問題を早く見つけることができるかもしれません。
問題なんて正直出て欲しくないですが後悔しないためにも毎年必ず受けようと思います。

<ちょっとお得な情報>
実は私は採血が大の苦手。。。
そんな私に先輩が一言。
採血すると自分の体の中の汚れた血を採ってくれるんだよ~。
そうすれば自分の体の血は少しきれいになるじゃん。
ちょっと得じゃない?
実際そんなことはないような気もするがちょっと前向きに検査に臨めました。
[PR]
by for_funekun | 2005-02-22 23:46 | life

クレジットカード

クレジットカードって本当に便利になったと思う。
今の仕事は週末休みの平日は8時半~17時出社だ。
ということはATMで現金を引き出そうと思うと必ず手数料がかかってしまう。
最近だと手数料のかからないキャッシュカードもあるが
カードを変更する手続きが面倒なので
極力現金は使わずにクレジットカードを使うようにしている。

クレジットカードを使うことができるお店は年々増え、
最近はJRの緑の窓口、病院、本屋、公共料金/携帯電話の支払いなど
臨時出費がちょっと痛いなと思えるお店でも使えるようになっているのが嬉しい。

それにポイントが貯まるという仕組みが
カードを頑張って賢く使おうという向上心を沸き立たせる。

僕は公共料金や携帯電話の支払いもひとつのカードでまとめて支払っているので
銀行との口座振替の契約はクレジットカード会社と不動産屋くらいしかない。
そうすることのメリットは契約している銀行を変更したいとき、
各種公共料金の口座振替の変更手続きをする必要がなくなるのだ。

ただやはり怖いのが請求書。
家賃と食費以外に使用した1ヶ月全ての引き落としがまるまる請求される。
気を抜けば簡単に10万を超える。
払えるか払えないかの世界なので
公共料金だけ払うとかいう選択はできない。
払えない場合、ガス、水道、電気、全てのインフラが止まってしまう。
考えただけでも恐ろしい。
[PR]
by for_funekun | 2005-02-22 00:00 | life

欠けていたもの

今日は本を読んでいたのでご紹介します。

「人生の目的が見つかる魔法の杖」西田文郎著

社会人になって、死ぬまでにやりたいことを考えるようになりました。
「限られた人生の中で自分が本当にしたいことって何だろう。」
そんなことばかり考えていたのでちょっと読んでみました。

以下、個人的にいいなって思えたフレーズを5つほど挙げました。

● 「人生の目的は楽しいものでなければ意味がない。」
● 「努力が辛いと思う人間は間違いなく自分のためだけに努力している。」
● 「人生の意味は、ツキや運と同様、他人が与えてくれるものであり、
  私たちにできるのはそういう人と出会うための努力をすることである。」
● 「変えられるのは状況ではなく、自分だけだ。
  自分を変えることで状況も変わってくるというのが困難というものの性質である。」
● 「自分とは、時間がたてば他人と同じである。いまからつくっていく「明日の自分」こそ、
  本当の自分である。」

どれもこれも今の自分に欠けていた考え方です。
自分が生まれてきた意味を今一度考えさせられます。
[PR]
by for_funekun | 2005-02-20 22:38 | goal

みんな、ありがとう!

昨日の午前中は小雨が降って、本当に寒かったです。
後で調べてみたら午前中の千葉はなんと3度以下!
こんな寒さののなか幕張メッセで開催されたAOUエキスポ2005
大学時代の友人達と行ってきました。
早い話、ゲームセンターに設置してあるアミューズメントマシーンの展示会です。

アミューズメント系のマシーンを製造している各社が力作を展示している中
個人的に気になった展示のいくつかをご紹介します。
Type Tunes(製造元:ARUZE)
  様々なアーティストのミュージックビデオの映像から流れる曲にあわせて、
 歌詞をタイピングするゲーム。
Q-BOWLING(製造元:スポーツワンインターナショナル)
  ボウリングのピンをビリヤードのボールとキューを使って倒してスコアを競うゲーム。
 ボウリングとビリヤードの融合型ゲーム。

寒かったせいもあり、お客さんの数も程よい感じでいろんなゲームで遊ぶことができました。
みんなで遊ぶのには良いゲームかも!

その後、中学時代の友人に会うために柏に移動して、「和民」で飲み会。
居酒屋チェーンの中では断然和民が大好きです。
1ヶ月前に10年ぶりに再会したメンバー+岡山から来てくれた
これまた10年ぶりに再会した友達と思い出話や今の生活についていろいろお話しました。
僕が相変わらずモテナイのを察してかチョコレートを持ってきてくれた人もいたりして
その心遣いに感謝です(笑)
本当に仲間って大切だなって実感しつつ、また遊ぶことを約束して千葉へ戻りました。

千葉では午前中~夕方まで遊んでいた友達と合流して桃鉄大会!
なぜか新型PS2を買ったのでそのお祝いとして?みんなが我が家で遊んでいきました。
で、解散したのが翌朝8時。久々に無茶しました。

結局、昨日思ったことは「みんな、ありがとう!」です。
[PR]
by for_funekun | 2005-02-20 20:51 | life

本屋

今日は仕事が早く終わったので本屋に行くことにした。
僕が本屋に行くときは
 ①面白そうな本を探してぶらぶらしているとき
 ②事前に買う本を決めていて今すぐ読みたいと思っているとき
がある。

いつも行く本屋は品揃えも豊富だ。
そんな本屋に対して
①の理由で行くときは不満はないのだが
②の理由で行くときは不満がある。

それは本が見つからないのだ。
品揃えが豊富でも、本を見つけることができなければ意味がない。
だいたい本屋の棚にはジャンル分けされて陳列されているが
それはお店の陳列のルールであって、決してお客のためのものではない。

結局店員に探してもらうことになる。
店員はお店の端末から本を検索し、お客を案内する。

あの端末をお客に公開することはできないだろうか。
お客が自由に使えることで店員の負担も減るし、
店員に聞くのが面倒だと思って買うのを諦めた人も買ってくれるかもしれない。

公開できない問題が何かあるはずなんだろうけどわかりません。
本屋で仕事をしていたことがある人がいたら教えて欲しいです。
[PR]
by for_funekun | 2005-02-18 23:58 | life