未来への出発までのひと時


by for_funekun
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:life( 94 )

私流!元気の出し方。

今日は夕方から、クラッシックを聴きに赤坂のサントリーホールに行った。
普段はクラッシックは聴かないが、大学4年の時から年に2、3回程度
コンサートに聴きに行っている。

きっかけは高校時代からの友達がバイオリンをやっていたからだ。
そいつとは普段からクダラナイ遊びや話ばかりしていたが
バイオリンの腕はなかなかだということを知っていた。
長い付き合いなのに一度も弾いているところを見たことがなかったので、
大学卒業前にそいつの晴れ姿を一度は見たいと思い、
チケットを頼んだら快く了承してくれた。

当日、コンサートマスターとして壇上に立った彼はいつもの「そいつ」ではなかった。
物凄く輝いている彼の姿を見て、僕らとは生活している次元が違うなと感じた。
正直かなり悔しかったが、なんだか体中からエネルギーが沸いてきたのも確かだった。
クラッシックのコンサートに対してこれまで持っていた
「年配の人が見に行く退屈なコンサート」というイメージはそいつのおかげで崩れた。

それからというものオーケストラという集団で
たくさんの楽器を演奏することにより表現できる力強さに感動し、
エネルギーをもらうために度々足を運ぶようになった。

「あ~最近やる気が出ないな~。何か楽しいことないかな~。」とお探しの皆さん。
クラッシックのコンサートに一度足を運んでみてはいかがでしょうか。
[PR]
by for_funekun | 2004-11-27 00:12 | life
私は本を読んだり、映画を観ています。
今日は隣の駅のEXCELSIOR CAFFEでのんびりと雑誌を読んでいました。
千葉周辺だと落ち着いて本が読めて、小腹もいっぱいなるようなカフェは少ないのです。

私はロック以外の全てのジャンルの音楽を聴くのですが
今日は小野リサが流れてて一層まったりできました。(視聴もできます。)

今日読んでいた雑誌は日経コンピューターです。(職業病ですね(笑))
家や会社だと読む気が全くしないのはなぜでしょう?
さくさく読めてあっという間に時間が過ぎました。

気になった記事:
システムユーザーのITコストの内訳の7割が現状使用しているシステムの改善費用、
残りの3割が新規システム開発費用だそうです。(アンケート結果の平均値)

~~~以下、システムに興味のない方、寝てしまいますのでご注意ください。~~~

アンケート結果に対する雑誌のコメント:
ITコストは投資に対するリターンが求められます。
投資に対するリターンについて検討する際、現状使用しているシステムの改善であれば
どれだけ費用が安くなるのかが分かりやすいのです。
それに対して新規システム開発だとリターンの予想が難しいのです。
その結果、IT投資もシステム改善費用に偏ってしまい、うちの会社はIT投資している割に
目に見えるリターンがないんだよな。ってな話になるわけです。

ではそのような結果を踏まえて我々ベンダー(システム販売会社)は
どうすればよいのでしょうか。
ベンダーにとってユーザーとの理想的な関係は、
ユーザーにはうちのシステムを使ってもらうことで業務に専念し、一層の利益をあげ、あげた利益をさらにシステム開発に投資する。つまりwinwinな関係です。

しかし、現状はユーザーに改善しろと言われても
「新規システムを開発した方が御社にとって利益に繋がりますよ。」とは言いにくいのです。
ベンダーはシステムを作ることに責任は負いますがユーザーの利益を保証することは
仕事とはしていません。
とは言ってもユーザーの言うとおりにシステムを作っていれば良いとも思いません。

だからこそ自分は
ユーザーにとって利益に繋がるようなシステムを作りたいと考えるのです。
ユーザーのIT投資に対するリターンは妥当であるか、
ユーザーの戦略に相応しいシステムの実現は可能であるかなど一緒に考え、実現したいのです。
なんか就活チックな文面ですが日々の仕事の中で目標を失わないためにも今更ながら
書いておくことにしました。ちなみにこれって職業的にはITコンサルタントなのでしょうか?

またまたアツくなってしまい、タイトルとは関係のないことを書いてしまいましたが
最後まで読んでくださった方々ありがとうございました。
[PR]
by for_funekun | 2004-11-22 00:13 | life

友情について

最近は仕事を重視するあまりプライベートを疎かにしすぎてしまっていた。
今日は久々に出社をしない休日だった。
しかし、特段することがない。
普段から休みが欲しいと思っていたのに休んでみると何もすることがない。
ここ最近、自分の時間を疎かにしてしまったツケだと思う。

僕は普段から友達との連絡は取らない方だ。
友達にも仕事はあるし、忙しいときに連絡をするのは迷惑だと思うからだ。
しかし、連絡を取らな過ぎるのも良くないんだろう。
いざというときに関係が拗れてくる。
せっかく気を使ってきたのに関係が拗れてしまうのでは本末転倒である。
そもそも友達に気を使いすぎるのもおかしな話だ。

今日、友情について考えたのは『ショーシャンクの空に』という映画を見たからだ。
この映画は好きで何度か見てしまう。
台詞と情景が美しいのもあるが厳しい現実社会の中で希望と友情を持ち続けることの大切さを忘れかけたときに思い出させてくれる。

善は急げだ。久々に友達に連絡を取ろう。
[PR]
by for_funekun | 2004-11-21 00:49 | life

ゼミのOB会!

 今日はゼミで年に一回行われるOBと現役との交流会があり、田町に出かけた。
普段から東京とは縁が薄いけれども行ってみて驚いたのは駅周辺の変わりようである。東京ではたくさんの企業がひしめき合っているんだなと思うとともにライバル企業とすれ違うこともなく、安定的にシステム開発をしている今の生活がある時突然揺らぐこともあるんだろうなと感じながら大学まで歩いた。
 私はOBとしての参加となったが、現役の代表のハキハキとした挨拶や、先生のゼミへの思いを聞き、社会人になって失っていたエネルギーをもらうことができたと思う。
先生の日々の仕事の原点はゼミだと言う。私にとっての仕事の原点とは何だろうか。
また、同期のみんなも変わりなく過ごしていることに安心感を覚えた。みんなも普段の生活では得られない安心感を得ようとして集まったのだと思う。また明日から仕事なので今日は良い休暇となった。
[PR]
by for_funekun | 2004-11-14 00:47 | life