未来への出発までのひと時


by for_funekun
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

「自分のために生きる」から「人のために生きる」へ

29日は会社の同期Mとの定期的なサシ飲み(2ヶ月に1度開催)。
場所は汐留シティセンターにあるLAST

今年の2月から継続的に飲んでいて、本音ベースで悩みを打ち明けあっている。
やはりお題は今年の反省と来年の抱負。
僕としては「今年こそは彼女を!」という思いがあったのだが残念な結果に。
でも着実に成果が出そうな雰囲気ではある。

僕はこれまで一部の本当に仲の良い仲間としか付き合わなかった。
わがままな性格で我慢することが苦手だから
自分の素を出せる人との付き合いの方が充実感があった。

しかし、社会人になって忙しくなってくると
そのような仲間がいつも周りにいるわけではない。
大学時代の親友たちも東京から離れていき、
入社してからの親友も会社を去り、
僕の理想的な仲間達との付き合いは自然と減っていった。

そのような環境の中で僕が変わったのだと思う。
これまでのような鋭く尖がった性格の僕ではなく、
丸みがかった性格の僕を発信していくように少しずつ変化しているような気がする。
もちろんどこかで多少の無理をしていると思う。

でも今日26の誕生日を迎え、
多くの方から「おめでとう」のメールをいただき、素直に嬉しかった。
残念ながら今日は忙しくて返事ができなかったけれど
明日「ありがとう」の返事を心からしたい。
そして来年からは逆に人の誕生日を祝ってあげられるような人間になりたいと思う。

「自分のために生きる」から「人のために生きる」へ

今年一年かけてようやくそのことに気がつき始めた。
来年はもっと「人のために生き」たい。
「人のために生きる」勇気が欲しい。
そんなことに気がつけた25歳としての一年間は
節目として満足の出来る一年だった。
[PR]
by for_funekun | 2005-12-31 02:01 | personal