未来への出発までのひと時


by for_funekun
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ワーキンググループ(顔合わせ)

いよいよ今日からワーキンググループの活動が始まりました。
昼過ぎに職場を出て、本社に向いました。

交通費、給料など全て会社に負担していただいて活動を行います。
会社からしてみれば当然結果を求めるはずです。
活動範囲は経営ビジョンを中期経営計画の実現に落とし込む作業の実施となります。
I部長からは我々が現場で浴びている風を受け、
社内に風を起こして欲しいというメッセージを頂いています。

またメンバーから参考になる話を聞けました。

①前回からワーキンググループに参加した人の失敗談として
 ワーキンググループの進め方が定まらなかったため本題に入るのに時間がかかること。

②「自立した会社」とはグループ会社からの独立ではない。
 グループ会社であることにメリットはあるということを認識しなければならない。

③技術力を武器に親会社に対して営業をかけ、親会社にお客様をとってもらう方法もある。

④日常の業務が受身になりがちなので社員のモチベーションが低下する。
 モチベーションの低下を食い止めるために全社的に事業部をまたいだ
 様々なワーキンググループを立ち上げて、日常の業務は定時で終了させた後に
 ワーキンググループ活動の時間を設ける。
 受身になりがちな業務と主体的な活動となるワーキンググループとを
 両立させることでモチベーションの確保が可能となる。

議論は終始、発散しがちで収拾がつかなくない状態で終わりました。
来週から定期的な活動が始まりますがこの先少し不安になるスタートだったと思います。

その後数名で飲みに行った限りでは熱い思いを持っているメンバーばかりだったので
まあなんとかなるかなとも思っています。

「不安6割、安心4割」
そんな感じです。
[PR]
by for_funekun | 2005-09-30 07:24 | business