未来への出発までのひと時


by for_funekun
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

個人情報漏えい問題

2002年4月に発生したみずほ銀行のシステム障害から
本来表舞台に立つことのなかった「システム屋」という職業が
新聞や雑誌などで注目を浴びるようになった。

新入社員だった当時から地方銀行のシステムを担当していたので
お客様の緊張感が非常に伝わってきていた。
少しでもトラブルを出せば新聞に載ってしまう。
新聞に載ってしまえば預金が大量に引き出され、
お客様の銀行が倒産するかもしれない。
そんな恐怖感から失敗を恐れ、仕事も消極的だった。

そんなシステム障害が減ってくると今度は個人情報漏えい問題。
当社でも新聞に載ってしまうような事故が発生してしまっている。
うちのプロジェクトが必死になって個人情報を漏えいしないように頑張っていても
他の担当で漏えいが発生してしまうと会社全体に悪影響がでる。

実際、漏えいが発生したプロジェクトでなくても
契約を見直すというようなお客様の声もある。
社内のモチベーションは低下する。
会社のブランド力も低下し、採用活動が不利になるかもしれない。

仕事で失敗する以上に社員一人ひとりの行動や判断のミスが大きな影響を及ぼす。
仕事がデキるデキない以前にこの人の行動は信用できるかできないかという
非常に低い時限の話なので世間の風当たりも冷たい。
この問題は社員一人ひとりが真摯になって取り組んでいかないと絶対に解決しない。
一度信用を失ってからではもう遅いということを過去に山ほどの会社が証明している。
[PR]
by for_funekun | 2005-05-26 23:43 | business