未来への出発までのひと時


by for_funekun
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

子供の価値について

子供の価値なんてタイトルは不謹慎だと思いますが
私的な日記だけでのお話しなのでお許しください。

私は結婚もしていないし、子供もいないので
家族にとって子供というものがどんな存在なのか全く想像がつきません。
ただ非常に大切なものだというのはなんとなくわかります。
自分の上司も子供が生まれる前までは人に厳しい人でしたが
生まれた後では穏やかな人に変わったような気がします。
そして何より自分の子供の話をするのが好きです。

私にとっての子供というのはこのようなイメージでしかないので
これから書くことも誤っているかもしれませんが25歳時点で考えていることなので
誤っていればこの先考え直します。

今日は久々に千葉に買い物へ出かけました。
docomoショップの前を通り過ぎるとキッズコーナーのようなスペースができていました。
おそらく同店で開催している無料電話教室(60分間)の
待ち時間のために作られたのでしょう。
さすがdocomo!家庭に優しい会社だなってそのときは思いました。

ただ気になったのはそのみすぼらしさです。
お店の端で申し訳無さそうに赤ちゃんと遊んでいるお母さんの姿が印象的でした。
そう思って改めてそのスペースを見てみると疑問に思う点がいくつか出てきます。
 ①キッズコーナーと商品の展示スペースとの敷居の高さが低い理由はなぜか。
 ②なぜお店の端にあるのか。
 ③置いてあるおもちゃはどのような基準で選択されたのだろうか。
そのように考え始めるとキッズコーナーはお客さんから要望があったため
仕方なく設置したのではないかと思うようになってきました。

またその後、三省堂に本を買いに行ったのですが
三省堂の中にもキッズコーナーがありました。
こちらもお店の端の本棚の側で敷居もなく、お絵かきができるだけです。
こちらは利用されていませんでした。

docomoにしても三省堂にしてもせっかくキッズコーナーを設けるのであれば
もう少し考えたほうがいいと思います。
私なりに先ほどの気になった点①~③について改善できることを考えてみました。

①について
一般のお客さんの視点から見下ろせることや、
赤ちゃんが転んだときに危ないと思うので敷居を高くしていただきたいなと思います。
②について
キッズコーナーをもっと堂々と活用していただくためお店の真ん中に配置します。
コーナーの中にスタッフがいれば夫婦での電話教室参加も可能となります。
またこうすることでお店のどこにいても自分の赤ちゃんが視界に入ってくるので安心です。
③について
とりあえずぬいぐるみがあったのですがせっかく携帯電話の会社なのですから
電話に関するおもちゃを置いてみたりしてみてはいかがでしょうか。

キッズコーナーは設置されているだけでお店の印象のアップに繋がります。
現状では残念ながら赤ちゃんを連れてきていないお客さんから見た場合かもしれません。
実際に赤ちゃんを連れてきているお客さんから見ればまだまだ不便だと思います。
だからあまり利用されていないのです。

企業にとってキッズコーナーよりも商品を展示するスペースが大事なのは当然です。
しかし、少子化を迎えるこれからの時代、
家族や社会にとって子供の価値というのは高まると思っています。
だからこそこれらの一連の取り組みの質を高めることで
ライバル会社との差別化を考えるべきではと思うのです。

赤ちゃんがいる家庭でも安心して出かけることができるお店を増やすことができれば
「この会社は赤ちゃんやお母さんに優しい会社だな。」
そんなイメージを持ってもらえるのではないでしょうか。
そんなお店が日本中に増えれば少子化にも歯止めがかかると思います。
このまま少子化が続くと日本で利益を上げていくことは難しくなりますよ。
だからこそお願いします。
[PR]
by for_funekun | 2005-01-22 23:49 | personal